在家仏教こころの会
「発会の辞」
私は、私たちの教えの祖師である、恩師久保角太郎先生の六十一回忌にあたり、平成十六年、西暦二〇〇四年十一月十八日、「在家仏教こころの会」の発会を宣言いたします。

「在家仏教こころの会」は、久保恩師が恩師小谷喜美先生夫妻と共に、「霊友会」として世に出された教えを、今日、そして将来に向けて正しく実行してゆくための会です。
「在家仏教こころの会」は、“在家の菩薩行”という『法華経』に釈尊が説き明かされた、仏教をすべての人のものとする道を進みます。

「在家仏教こころの会」は、人はみな自分の日常と人生を自分のこころでつくり出していくという事実を、改めて思いおこす価値を提唱します。

こころとこころのふれあいが、憎しみや悲しみを生むのではなく、幸せやよろこびを生み出していく人生、そして世の中をつくる、そのために、改めてこころを問い直すことが、仏教の根本です。

他人はこころの鏡です。他人に導いてもらう手立ては、他人を導くことです。ひとはひとに支えられて生きているだけでなく、ひとを支えてこそ生きていゆけるのです。自分が自分でこころの交りをつくってゆきましょう。

誰ひとり、同じ人はいません。違う者同士が寄りそい関わりあってこそ、この世のすべては成り立っています。すべての人にとって、その出発には両親の存在があります。両親にはまた両親のいのちの歴史があります。この互いのいのちを認めあう人としての交りの中でこそ、人間の尊厳にめざめた社会が実現すると信じます。

「在家仏教こころの会」は、会員一人ひとりが人生のよろこび、幸せと意義を実現していきます。
家族、縁ある人びと、地域そして私たちの住む国をよくしていきます。
仏の世界の実現です。
みなさん、その第一歩をふみ出しましょう。


平成十六年十一月十八日
在家仏教こころの会
初代会長久保継成